認証・登録番号0002335
今、設置されている単独処理浄化槽はまだ使えるのですが、合併処理浄化槽にしなければならないのですか?

単独処理浄化槽を合併処理浄化槽に転換するための手続や費用はどのようなものがありますか?

合併処理浄化槽の工事の期間はどれくらいかかりますか?

合併処理浄化槽を設置するには広い敷地が必要ですか?

不要となった単独処理浄化槽はどうするのですか?

単独処理浄化槽の処分はどうしたらいいですか?
単独処理浄化槽の転換Q&A
Q 今、設置されている単独処理浄化槽はまだ使えるのですが、合併処理浄化槽にしなければならないのですか?
Q  平成12年の浄化槽法の改正(平成13年施行)により、単独処理浄化槽の設置が原則禁止されました。また、単独処理浄化槽の使用者は合併処理浄化槽への転換に努めなければならないとされました。浄化槽の耐用年数は30年と言われており、まだ使用できるものも多く存在しています。しかし、単独処理浄化槽では、し尿以外の生活排水は処理されずにそのまま排出され、周囲の水環境等に悪影響を与えているので、早急な合併処理浄化槽への転換をお願いいたします。
 


Q 単独処理浄化槽を合併処理浄化槽に転換するための手続や費用は?
Q (1)転換のために必要な手続や費用 
@単独処理浄化槽の撤去
 単独処理浄化槽を撤去する場合は、浄化槽を使用しなくなった日から30日以内に、浄化槽法に基づく廃止届を自治体の窓口に提出しなければなりません。
 単独処理浄化槽の撤去には、一般に槽内の洗浄・消毒といった清掃、撤去工事、槽本体の処分費用が必要になります。単独処理浄化槽に雨どいの配管を継いで防火水槽にしたり、散水用水として雨水を貯留する方法もあります。

A新しい浄化槽の設置
 浄化槽の設置に際しては、工事の前に設置の届出を自治体窓口に提出し、設置工事は浄化槽設備士がいる都道府県の登録を受けた浄化槽工事業者に作業を依頼しなければなりません。
 浄化槽の新設には、浄化槽の本体、設置工事、宅内配管等の費用が必要になります。

(参考)単独処理浄化槽を浄化槽に転換するための費用の例
 浄化槽の撤去や設置に関する費用は、撤去する場所、設置する場所、浄化槽の規模や工事の内容によって様々です。ここでは参考にアンケート調査における費用の例を以下に示します。



(2)設置等への補助制度
 単独処理浄化槽の撤去又は有効利用に係る費用や浄化槽の設置費用等に対し、自治体によって独自の助成制度を設けている場合があります。また、助成を受けるためにはいくつかの要件があります。詳しくは各自治体の浄化槽担当窓口にお問い合わせ下さい。
→詳細
Q 不要となった単独処理浄化槽はどうするのですか?
Q  水槽として再利用できるものは、以下の図のように「雨水貯留槽」「防火水槽」等に改造して利用されるケースがあります。
 

Q 合併処理浄化槽を設置するには広い敷地が必要ですか?
Q  単独処理浄化槽より少しだけ広い敷地が必要です。しかし、最近の浄化槽は高性能で小型化され、浄化槽の設置面積は単独処理浄化槽とあまり変わらないものも開発されています。
Q 合併処理浄化槽の工事の期間はどれくらいかかりますか?
Q  一週間程度の期間で設置できます。
 設置されている単独処理浄化槽を撤去してから合併処理浄化槽を設置するときは、工事期間中トイレが使用できないため、仮設トイレを使用していただく場合があります。また、新しい配管に切り替える作業のため、3〜7時間は排水が流せません。
Q 単独処理浄化槽の処分はどうしたらいいですか?
Q  単独処理浄化槽を処分する場合は原則として廃棄物処理法上の廃棄物になるため、法律に基づいた適切な処分をしなければなりません。処分方法については自治体の廃棄物担当窓口にお問い合わせください。
 
法定検査について
浄化槽Q&A
単独から合併への転換Q&A
法定検査のお申込み
兵庫県からのお知らせ
浄化槽の維持管理CM
「みんなで守ろう美しい水環境」
お問い合わせはこちら
info@hyogo-suishitsu.jp
FAX 078-306-6038
TEL 078-306-6020
兵庫県知事指定浄化槽検査機関 指令環686号
兵庫県水質保全センター
一般社団法人